貸し倉庫事業はビジネスとして成功できる?

  • 2020年10月15日
貸し倉庫事業はビジネスとして成功できる?

貸し倉庫事業が成功している例は多い

サブスクリプションサービスによる事業展開が注目されている中で、貸し倉庫に着目する人もいるでしょう。月額料金を支払ってもらうことにより倉庫を貸すというシンプルなモデルで利益を出せるのではないかと考えられます。企業では在庫を保管する目的や、運送の中継点とする目的で倉庫を必要としていることがよくあります。それに着目して貸し倉庫事業を起こして成功している事例も増えてきているのが現状です。ただし、借り手が見つからずに廃業している事例もあるので、どのようにしたら成功できるのかもよく考える必要があります。利益を生み出すためにはどうしたら良いのかを考えてみましょう。

貸し倉庫で成功するコツ

貸し倉庫事業では初期投資として土地を購入して倉庫を建てることが必要になります。この購入コストや建設コストに加えて、倉庫の維持管理コストを考慮して利益を得られるようにすることが必須です。長期で初期投資を取り返すという考え方で運用しなければならないのは明らかでしょう。そのため、契約してもらえたらずっと使い続けてもらえるようにすることが必要です。そのためには倉庫の立地を考えるのが最も重要になります。中継点として使う倉庫は交通の要所になければ意味がありません。基本的には工場などの生産場所には倉庫を設けているので、物流拠点としての倉庫が求められている傾向があります。そのため、高速道路などを使った輸送の中継点として適した立地を選ぶと契約を取りやすく、継続してもらいやすくなります。

物流業界のIT化が進んでいます。荷物の所在を明確にしてタイムリーな情報を集めて顧客に提供することができるのです。