災害対策には太陽光発電が良いって本当なの?

  • 2020年11月8日
災害対策には太陽光発電が良いって本当なの?

太陽光発電は災害対策になるのか

太陽光発電は災害対策として有効だということが急速に知られるようになりました。東日本大震災を代表とする震災の被害や台風による被害に遭った地域では特に太陽光発電が注目されることが増えています。電気はいつも安定して供給されていると考えてしまいがちですが、災害が起こってしまうと供給が途絶えることも珍しくありません。電線が切れたり、電柱が倒れたり、発電所が停止してしまったりすると電気が届かなくなるのはイメージできるでしょう。その対策として、いわば自家発電として取り入れると良いという認識が広まっているのが太陽光発電です。そのメリットは一軒家でもマンションでも自宅さえもっていれば簡単に始められることでしょう。

蓄電できるようにすると災害対策効果が上がる

災害対策として太陽光発電をするときにはどのような設備を整えたら良いのでしょうか。単純に太陽光発電システムを設置するだけでも、発電したエネルギーをすぐにその場で使うことができます。しかし、夜になったり、曇っていたりすると太陽光発電をすることはできないので、晴れている昼間しか発電できないという問題があります。このようなタイミングでも電気を使えるようにするためには蓄電池を用意するのが良い方法です。蓄電池そのものを調達することもできますが、電気自動車を蓄電池の代わりに使用することもできます。どのような形で使うかによってどちらが優れているかは異なるので、災害対策として導入するときにはよく考えて選びましょう。

太陽光発電の価格は売電価格が重要ですが、ソーラーパネルの設置が大衆化しているため低下している動向にあります。