こんなやり方が効果的!社員研修の進め方の概要

  • 2021年10月20日
こんなやり方が効果的!社員研修の進め方の概要

社員のステージに合わせた研修

社員研修のやり方として効果的な方法の一つが、社員のステージに合わせて行うというものです。例えば、ステージ別の社員研修の代表的な例が、新入社員研修です。会社に新卒で入社した社員を集めて、社会人として大切なコミュニケーションやビジネスマナー、パソコンなどの基本的な使い方などを学びますが、同じスタートラインに立つもの同士が一致協力し、仲間意識を持つことができる点が優れています。

同様に、部課内のマネジメントを担当することが期待されるミドルエイジの社員たちだけを集めて、リーダーシップの取り方や部下のやる気を引き出す方法などを追求したり、幹部候補となる管理職に向けて、組織全体を見て成果を上げるために大切な点を切磋琢磨して学ぶことも、効果的な社員研修となります。いずれの研修でも、日頃は話すことがない人と接することで、新たな考え方を学んだり、気づきを得ることができる点がメリットです。

ポイントを絞った社員研修

企業側で社員に特に強化してほしいと期待していることは、人間力といわれています。その中でも、コミュニケーションスキルや問題解決能力は身につけてほしいことの筆頭に上がる点なので、それらの点に的を絞って社員研修を行うこともできます。例えば、コミュニケーションスキルを身につけて高める方法として、何か一つの目標を立て、話し合いの場を設けて、アクションが起こすことをゴールに据える形のものがよく行われます。また、問題解決能力を高める研修では、少し努力すると達成できる課題を設定し、実行する形が取られます。

社員研修とは、企業が自社で働く社員に対して教育プログラムを施すことです。社員には、正社員の他に契約社員や嘱託社員も含まれます。